相続でゴタゴタしたくない!知っておいて損はしない相続についての基本

スポンサーリンク

誰にでも起こりうる相続についての問題

それまで仲良くしていた血縁関係と、相続が原因で揉めるケースは少なくないようです。

誰にでも起こりうる問題だからこそ、知っておいた方が良い相続についての基本をまとめました。

898edacfb8a7c8f5c091854e06c4ba23_s

概要
・相続人になれる人
・それぞれの相続人の取り分は?
・まとめ

・相続人になれる人

手書きで申し訳ないのですが、この図を参考に解説していきます!

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_000

この図だと、Aには妻B、子C・D、父E、母F、兄Gがいます。
Aが死亡した場合誰が相続人となるのか?

まず、配偶者(夫または妻)は、常に相続人になります。次に、それ以外のものについては以下の順位で、配偶者とともに相続人となります。
※配偶者がいない場合は単独で相続人になります。
※「配偶者」とは、法律上婚姻した者のみをいい、いわゆる内縁関係者は含まれません。

①子(胎児を含む)
②子がいない場合はAの父母や祖父母(父母や祖父母のことを直系尊属といいます)
③子も直系尊属もいなければ兄弟姉妹

上の図の場合は、配偶者Bと、子C・Dが相続人となります。

ですので、Aが死亡した時に兄Gが
「兄弟なんだから相続して当たり前だろ!!」
と言ってきた場合は
「いやいや違うでしょ」
と言える訳です。

しかし、遺言があった場合はまた変わってくるので注意を!!

・相続人のそれぞれの取り分は?

相続人のそれぞれの取り分も同じ図を参考に解説していきます。

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_000

取り分については、相続人が
①配偶者と子なのか(子は非摘出子・養子・胎児も含みます)
②配偶者と直系尊属なのか
③配偶者と兄弟姉妹なのか
で相続の取り分が違ってきます。

①の場合は、
配偶者が2分の1
子が2分の1

②の場合は
配偶者が3分の2
直系尊属が3分の1

③の場合は
配偶者が4分の3
兄弟姉妹が4分の1

となります。

これもまた遺言によってはいろいろと変わってきます。

・まとめ

2e06d2d667bddbe65f08022cd8ba41c0_s
今回は相続人になれる人と、それぞれの相続人の取り分についてを簡単な例での1パターンでまとめました。

相続でゴタゴタしないためにも、何かあった時はすぐに専門家に相談することをお勧めします。


そして、相続については前に少し勉強したことで、この記事も参考書を読み漁って書いたものなので詳しいことはぜひ専門家に!!

次回は、相続の受け取り方、3パターンについての基本をまとめます!

遺言についてはその次の記事で書きたいと思います!

シェアする

フォローする