誰にでも起こりうる問題だからこそ知っておきたい相続の基本!相続の受け取り方と期間

スポンサーリンク

今回は相続の3パターンの受け取り方についての基本を解説します

相続人になれる人と相続人のそれぞれの取り分については「相続でゴタゴタしたくない!知っておいて損はしない相続についての基本」で解説をしているのでそちらも合わせてご覧ください

37cec774396275a47fafe3e54848cd63_s

概要


・3パターンの受け取り方
・「承認」と「放棄」の期間
・まとめ

・3パターンの受け取り方

まず知っておくべきこととして、相続は「承認」「放棄」という2つの制度を設けていることです。

相続人の意思によって相続するかしないのかを決めることができるのです。

「承認」には2つのパターンがあります。

①財産も債務も全て相続をする「単純承認」

例えば、3000万円の不動産と、4000万円の借金が相続としてあった場合、その全てを相続することになり、3000万円の不動産を手に入れる+4000万円の借金の弁済義務もあるということです。

②もう一つの承認が、相続で得た財産の限度で、相続した債務等を弁済するという限定付きで相続をする「限定承認」

例えば、3000万円の不動産と、4000万円の借金が相続としてあった場合、プラスの財産である3000万円の限度でのみ責任を負うということです。

続いて「放棄」について

③「放棄」は1パターンで、財産も債務もすべて相続しない方法です。

例えば、3000万円の不動産と、4000万円の借金が相続としてあった場合、3000万円の不動産を手放し、4000万円の借金の責任もない、ということです。

※相続放棄は相続開始前はすることができません!

・「承認」と「放棄」の期間

5b7f7858a086186202b411a618d551b1_s

「承認」と「放棄」の期間は、
相続があったことを知った時
から3ヶ月以内にしなければいけません。

死亡した時から
ではなく
相続があったことを知った時から
です!

3ヶ月以内に、承認、放棄の意思表示がなければ「単純承認」をしたものとなります

また、相続があったことをして、意思表示をする前に勝手に相続を使ってしまった場合も「単純承認」したことになります。

なので、相続があることを知っておきながら何もリアクションをしなければ自動的に単純承認になります。

対して、限定承認と放棄をする場合は、家庭裁判所への申述が必要です!

そして、限定承認に関しては、相続人が数人いるときは、共同相続人の全員が共同しなくてはいけません。

・まとめ

例外もありますが、基本的に「承認」「放棄」の撤回や取り消しをすることはできません。

事前に家族で話し合ったり、相続があることを知った時は専門家に直ぐに相談することをおすすめします!

そして、相続については前に少し勉強したことで、この記事も参考書を読み漁って書いたものなので詳しいことはぜひ専門家に!

次回は、相続に関してめちゃめちゃ重要な遺言についてまとめます!

シェアする

フォローする