素人目線で理解するインターネット広告  ~第2回:メリットと基礎を知れば怖くない!~

スポンサーリンク

google_adwords

概要

  • リスティング広告最大の魅力

  • Google Adwordsをオススメする理由

  • Google Adwords 登録方法→最初の広告作成

  • 仕組みの基本~アカウント構造~

 

リスティング広告最大の魅力

前回の第一回で非常に大切なこと、リスティング広告の最大の魅力を伝え忘れていました。

すみません。。。

h751_wadai0301 

「リスティング広告とSEOの違い」の説明で、リスティング広告はコストがかかる、と言いました。これは、やはりあまり嬉しくないしなるべく安く抑えたいですよね。

一般的な広告、例えば新聞に公告を載せると、少なくとも10万円ほどはしてしまいますよね。これは、広告を載せるだけで広告料が発生します。

mikimoto_shinbun_1203-99b4d85e

例え実際の問合せ件数が増えなかったとしても、です。

一方、リスティング広告はPPC広告とも言われているように、クリック課金型の広告です。

PPC=Pay Per Click

クリックされた分だけ費用が発生します。_318-31294

つまり、クリックされなければ広告費がゼロなのが最大の魅力なのです!

Google Adwordsをオススメする理由

前回の記事で、インターネット広告には主に

Yahoo!プロモーションとGoogle Adwords を利用する方法があると言いました。

この二つのうち、まずはGoogle Adwordsにチャレンジしてほしいと思います!

その理由は、充実した機能にあります!それはGoogleだからこそできる他サービスとの連携です!

feat-hed-mobile

  • 効果測定がしやすい
  • 配信関連機能

効果測定がしやすい

広告は出してからが大事です。

17427_01

その結果、売り上げによって成功したのか失敗したのか分かっても、何が良かったのか、悪かったのか分からないと改善の余地がありません。失敗した場合予算を永遠に無駄遣いすることになります。

Google Adwordsでは、その原因をより具体的に分析してくれるGoogleの他のツールが使えます。

例えば、

090911_1

wmt_dashboard

これらを利用して、具体的な改善策を考えることが可能になります。

広告を出して、上手くいってもいかなくても大事なのは、

その経験を次に活かすことです

配信関連機能

スマートフォンへの効果的な配信、地域を選んで配信できるなど配信に関する機能が充実しています。

func_area

Adwords Editorという広告一括管理ツールを利用して煩雑な変更事項を一括して行えます。

Yahoo!プロモーションでも同じようなサービスがありますが、広告代理店に認定されないと利用できないので、ちょっとハードルが高いですね。。

Googleは多彩なサービスを一緒に活用することで効率よく成果をあげられる手助けをしてくれます!魅力が伝わったでしょうか。要は、あなたを助けてくれるツールが揃っているのです!これで初心者も安心して始められますね!

Google Adwords 登録方法→最初の広告作成

では、実際にGoogle Adwords に登録してみましょう!

この方法は、こちらのサイトでも案内が見れます!こちらのページの

「4.Google アドワーズへの広告の出し方」をチェック!

手順に沿って行えば簡単に登録することが出来ます。

仕組みの基本~アカウント構造~

成功の秘訣はアカウント構造にあり、と言われるほどアカウント構造を理解することは大事です。しかし、同時にAdwordsが難しいと感じる理由のひとつがこのアカウント構造でもあります。ですが、ここが後の広告運用を左右します。a61d922d7ce0b96919cf3c135d452b68

この仕組みを理解しておくことが近道なのです。

一度で完璧に理解することは難しいと思うので、今回は大まかなイメージだけ持って貰いたいと思います。

今回押さえてほしいポイントは

広告管理は3構造、という点です。

  • 1層目:キャンペーン
  • 2層目:広告グループ
  • 3層目:キーワード、広告文

家の作りをイメ―ジしてみましょう!

22451025828

  • キャンペーン →家全体
  • 広告グループ →各部屋
  • キーワード  →(各部屋にある)家具

IMG_3778

そして、一番大きな枠組みが

  • アカウント  →家の所有者   です。

illust1641

このイメージだけ掴んでもらえればOKです!

各用語の説明やポイントは次回したいと思います。

木村

シェアする

フォローする