梅原玲奈選手とトレーニング&ユニバーサルカヌー!

スポンサーリンク

10月29日、辻堂海浜公園にてスキークロスの梅原玲奈選手とのトレーニングイベントが行われました!

前日が雨で当日の行方が心配されましたが、イベントを無事開催できました。

また「公益社団法人かながわデザイン機構[KDF]」様のご協力により、公園内のサザン池にてユニバーサルカヌーに乗らせていただき、チーム対抗でゲームを行いました!

結構な寒さの中、その寒さを忘れさせるくらいに身体を動かし、身も心もリフレッシュ!!

img_5620

概要

・スキークロス、梅原玲奈選手

・梅原選手直伝!体幹&筋トレ

・ユニバーサルカヌーでチーム対決!

スキークロス、梅原玲奈選手

スキークロス日本代表、梅原玲奈選手。

スキークロスってどんな競技かご存知ですか?

スキークロスとは?

スキークロスは、フリースタイル・スキー競技の1つである。 雪上の障害物競走とも言われ、4~6人の選手が同時にスタート、バンクやウェーブ、ジャンプなどをクリアーし、最初にゴールしたものが勝ちという、見ている側にとっても非常にわかりやすい競技内容である。 レース中の選手同士のせめぎ合いや駆け引きなどが魅力である。(スキークロス – Wikipediaより引用)

(↑梅原選手のYouTubeチャンネルのトレーニング動画です。選手目線のスリルのある映像です!!)

実は梅原選手は以前、アルペンの選手だったんです。

しかし、「アルペンの練習にもなるからやってみなよ!」との先輩の一言で、スキークロスに挑戦することに!

はじめは全然歯が立たなかったスキークロス。

その時、自分はスキーヤーとしての大きな枠にあてはめたらまだ小さな世界にいる、と思ったそうです。その思いがきっかけでスキークロスを本格的に始めたそうです。

今では、2018年の平昌五輪を目指すまでに!!

今回のイベント、はこのような梅原選手の遠征資金応援を兼ねて開催されました!

梅原選手をもっと知りたい方は、インタビュー記事「いきぺでぃあ」をご覧ください!

梅原選手直伝!体幹&筋トレ

今回は体幹を中心としたトレーニングを教えていただきました!

意識を変えるだけで、効果も全然違うんだなと実感しました!

おなじみのトレーニングに取り入れられる、今回教わったポイントをいくつか紹介します!

①まずは基本の体幹

肘をつく体幹は、

・お腹がたるみがち

・頭が下がりがち

です、、、

img_5628

そこで気を付けるポイントは

☆頭も背中と平行に!

☆お腹と背中の皮をくっつけるイメージで引き上げる!

*お腹の中にティッシュ箱が入っているイメージで各頂点すべてを意識するとよいそうです!

②四つん這いでの片足上げ

四つん這いの姿勢から、左右の足を片方ずつゆっくり上げていくトレーニング。

このとき注意するのは

☆はじめの膝の角度をキープ!

☆足の付け根の角度もキープ!(お腹に寄ったり離れたりしない!)

☆左右に重心を傾けない!

img_5629

足を上げることだけに集中してはダメなんです!

一つの動作にも意識することがたくさん!ボーっと行っていては、効果が半減してしまいます!

③片手&片足を上げ、前に倒れるポーズ

img_5630

↑この姿勢から前に倒す動きです。

これも先ほどと同様

☆左右に重心を傾けない

☆手先からつま先まで一直線!

この動き、あることをするととっても難しくなるんです!

どんなことだと思いますか・・?

答えは…

目をつむる

たったこれだけで、一気に難易度が上がります。

いままで出来ていたのがウソのように、バランスが取れなくなります!

当日も、目をつむった状態でこの姿勢を誰が一番保てるか、ゲームを行いました!

ダンサーの参加者の方が2連勝!!

さすがダンサーは体幹も、バランス能力もありますね…!

どのトレーニングも、やはり、

ティッシュ箱を意識!するのは大事みたいです!

お腹の中のティッシュ箱の各頂点を意識して、トレーニング中にお腹がダルンとたるまないように注意しましょう!

アスリートのトレーニングはとってもためになりました!

梅原選手を見習って、これからはトレーニングの回数よりも、少ない回数でも効果的なトレーニングを目指しましょう!!

ユニバーサルカヌーでチーム対決!

トレーニングのあとは、ユニバーサルカヌーに乗りました!

「(公社)かながわデザイン機構」様にご協力いただきました。

そもそも、ユニバーサルカヌーって普通のカヌーと何が違うの??

ユニバーサルカヌーとは名前の通り、障がい者や子供でも乗れるカヌーのことです!

誰でも楽しめるカヌーなんです!

今回は、そのユニバーサルカヌーでチーム戦を行いました!

競技種目は

・綱引き

・タイムトライアル

の2種目です!

綱引きは3艇1チームでロープでつなぎ、引っ張り合いました!こぎ方も重要ですが、綱引きで勝つには腕の持久力も大切!!

img_5449

次におこなったのは、3人1チームのタイムトライアル!

池に設置された3つの障害物を、3人で分担して回ります。その3人の中で最も遅かった人のタイムがチームの記録となります。

分担を決めるとき、小回りが得意!とかスピードが速い!とか、個人の得意な技をいかして決めることがチームの勝利につながります!

img_5438

img_5429

トレーニングにユニバーサルカヌー、とっても盛りだくさんな1日でした!

翌日からは筋肉痛?!

楽しみながら体を動かせて気分爽快!

トレーニングならお家でも出来るので、梅原選手に教わったポイントを意識してぜひ続けてみては?!

シェアする

フォローする