【卒業旅行】東南アジアはもう飽きた!?学生のうちに行っておくべき国

スポンサーリンク

大学生のみなさん!卒業旅行に向けて、色々と旅の計画を立てている時期だと思います。

また、卒業生以外も長期休みに向けて検討中なのでは?

近場のアジア以外の海外にも行ってみたい!少しでもそう思う方へ!

あなたは、どこに行きますか?

概要

・こんなあなたに

・ボリビア

・インド

・アメリカ ニューヨーク

・まとめ

・こんなあなたに

v25

人気で手軽な海外旅行といえば、

韓国、台湾、香港、タイ、ベトナム…。もう東南アジアはいいかな…というあなたに向けて書きました。

地理的に近くて費用が安い国も魅力的ですが、学生のうちだからこそ行ける国があります。

学生が社会人と比べて持っているものは意外とあります。

「時間」知識も経験もお金もないけれど、これだけは確実に社会人よりもあるはず。

「体力」一般的にですが。

「冒険心」傾向ですが

「若さと感性」確実にどの学生も持っています。

680_shutterstock_80556334

ここでは、費用やアクセスの良さなどは、ほとんど考慮していません!

その代わり、上の4つの学生の特典を活かした旅行先を紹介します!

(海外旅行初心には向いていないかもしれません。)

「時間がある → ボリビア」

ボリビアはともに、とにかく「遠い」。

bolivia1

ボリビアは、少なくとも2回以上の乗り継ぎが必要で24時間以上はかかります。

行くのに時間をかけられる学生だから行ける場所とも言えますね。

社会人で、行くだけで1日かかる旅行先を選ぶことが、どれだけ不可能に等しいかは周りの大人を見れば…。。

46

とにかく遠くても行きたい!という人が絶えない人気&オススメの理由は

何と言っても「ウユニ塩湖」。有名すぎる。

まずはイメージトレーニングから、という方はこちらの本で予習してください!↓

kiseki-01

ウユニ塩湖 世界一の「奇跡」と呼ばれた絶景

※ボリビアは、政情不安な国で治安も悪く、海外初体験の方が単独で気軽に訪れることは危険なので十分な準備が必要です。無茶はしないように!

【ボリビアの行き方】

代表的な経由地はアメリカのマイアミ(アトランタ、ダラス経由)。

マイアミからアメリカン航空American Airlines(AA)がラ・パスやサンタ・クルスへ運航。

日本からラ・パスまでの所要時間は、乗り継ぎ時間も含め、25時間30分~。ペルーのリマからラン航空Lan Airline(LA)、コロンビアのボゴタからアビアンカAvianca(AV)を利用して、ラ・パスやサンタ・クルスへ行く方法もあります。

ボリビアの航空会社

アエロスール航空TAM航空(ボリビア)リネア・アエレア・アマソナス など。

「体力&冒険心がある → インド」

00-top_m

とにかくハラハラドキドキ。インドという危険要素盛りだくさんの国に行こうと思えるのも、もしかしたら学生のうちかも?

フレンドリーすぎる(客引きで寄ってくる、ぼったくろうとする)インド人への対応は、体力が要るでしょう。毎日、新しいことや自分にとって非常識なことが目の前で起こり、適応していく必要があります。

????

その分、毎日の新しい発見に心を驚かし、たくさんの刺激があることは間違いなし!

【インド情報】

本:「深夜特急<3>インド・ネパール」

映画:「きっとうまくいく」(個人的に好きな映画です!!)

395615d0227d41a0a11ae51e1ad14bb5-large

「若さ・感性がある →アメリカ ニューヨーク」

ttl_nyc

アメリカの中でも、やっぱり「ニューヨーク」。

ニューヨークは経済、文化の世界の中心。24時間眠らない街。

アートやカルチャーの最新が集まる場所。

なぜ学生のうちに行くべきなのか?

学生時代に一度行っておき、また数年後に行くと、

全く別のその時の流行、カルチャー、世界の最新が溢れている可能性大!

若いあなたの感性で見えるもの、気づくことが世界の中心地ニューヨークにはあるはず!

まとめ

学生だからこその「時間」「体力」「冒険心」「若さ 感性」をフルに使って

卒業旅行、楽しんで下さい!

木村

シェアする

フォローする