もしも、新幹線に乗り遅れた場合、自転車でペダルをどれくらい漕げば追いつけるのか。。。

スポンサーリンク

こんにちは、皆さん誰もが、「もしも◯◯だったら、、、」「もしも◯◯が起こったら、、、」「もしも◯◯ができたら、、、」なんて考えることはありますよね。

そこで、様々な「もしも」を現実で起こすとどのようなことかを紹介しようと思います。

敬遠しがちな理系の話が多いですが、分かると楽しい誰かに話したくなるような「もしも」の世界を紹介します。

この記事は以下の文献を参考に記事を書いています。

「全人類で一斉にジャンプしたら地球は凹む?」

荒舩 良孝

概要

もしも、新幹線に乗り遅れた場合、自転車でペダルをどれくらい漕げば追いつけるのか。。。

ママチャリVS東海道新幹線

この数字の現実性

もしも、新幹線に乗り遅れた場合、自転車でペダルをどれくらい漕げば追いつけるのか。。。

はい、早速バカらしい話ですね。。。

電車に乗り遅れるなんて、多くの人が経験しているトラブルではないでしょうか。

最悪ですよね、、、めちゃくちゃ悔しいですよね。。。

「なんでもっと早く家を出なかったんだ。」とか「なんで今日に限って道が混んでるんだ。」とか、後悔に後悔を重ねてしまいますよね。

なおかつ、新幹線に乗り遅れるなんて、もっと最悪ですね。。。1分や2分の遅刻では済まなくなるようなことも多くなってしまうと思います。

できることなら、乗り遅れた電車に追いついて、次の駅から乗りたい!!

そんな感情を抱くことも多いんじゃないですか?!

僕も電車に乗り遅れたとき毎回考えますが、一瞬にして諦めます。電車速すぎますし。。。笑

さて、今回は、自転車で電車に追いつくにはどれくらいペダルを漕げばいいかを検証してみましょう。

どうせなら、トロトロ走ってる電車より、ビュンビュンの新幹線に追いつきたいですよね。

、、、ということで、自転車で電車(新幹線)に追いつくにはどれくらいペダルを漕げばいいか早速考えてみましょー!

ママチャリVS東海道新幹線

自転車と言っても、色んな種類がありますよね。ママチャリから、ロードバイク、レースに出るようなガチな自転車まで、多種多様です。

今回使用する自転車は、一般的に馴染みのあるママチャリ。

僕も毎日漕いでいますが、一般的にママチャリは、時速10km-20kmくらいの速度は出ると言われています。

ギアや、タイヤの大きさによってペダルの回転数は変わってきますが、多くのママチャリのペダルの回転数、は1分間に50-70回転ほどと考えられます。

そのため、平均して、ママチャリは1分間にペダルを60回転ほどして、時速15kmほどのスピードが出るということにしましょう。

まとめるとこんな感じです。

一般的なママチャリ:スピード→15km/時、ペダル回転数→60回転/分

さて、対戦相手の新幹線の紹介です。

東海道新幹線は、東京-品川間の約6.8kmを7分で運転します。

めちゃくちゃ速いです。速すぎです。

もし、東京で乗り遅れた電車に品川駅で乗り込むには、この約6.8kmを7分より早いペースで移動しなければなりません。もちろんママチャリで。。。

とはいっても、東京駅で乗り遅れてから、自転車を漕ぐまでの時間と、品川駅に着いてから電車に乗り込むまでの時間もしっかりと考慮しなければなりません。

まー、だいたい合わせて3分くらいでしょうね。

。。。となると、東京-品川間の6.8kmを4分で爆走するとして計算してみましょう。

すると、約時速102kmで移動しなければなりません。

時速102kmのママチャリ。。。想像したくないですね(笑)

もはや凶器です。。

さて、ペダルの回転数を求めてみましょう。

一般的なママチャリは、時速15kmで、1分間にペダルを60回転でした。

比を取って求めると、、時速102kmは、1分間にペダルを408回転ですね。足が壊れます。(笑)

新幹線に負けないママチャリ:スピード→102km/時、ペダル回転数→408回転/分

この数字の現実性

一分間にペダル408回転のペース。。。

ざっと、計算すると、1秒間に約7回転すれば理想のペースです。(笑)

想像できないですね(笑)

実際に、ロードバイクと比べてみましょう。ロードバイクの平均的な時速は20-30km程です。

1分間のペダルの回転数は100回転ほどで、120回転を超えてしまうと馬力が低下してくると言われています。。

ロードバイクで、時速30kmをキープし続けるのでさえキツイと思います。

新幹線に勝つには、ママチャリで、なおかつ1分間にペダル408回転のペースです。計算上ではありますが、いかに現実的でない数字なのか分かっていただけると思います。

決して、新幹線に乗り遅れても、追いかけるような真似はしないほうが賢明でしょう。

伊藤