実物大のスカイツリーを再現すると、レゴブロックがいくつ必要になるのか。。。

スポンサーリンク

どうもこんにちは。

前回、新幹線に乗り遅れた場合、自転車でペダルをどれくらい漕げば追いつけるのか。。。を検証しました。

結論、ママチャリで新幹線に追いつくのは無謀だということがわかりましたね(笑)

さて、今回のテーマは、皆さん馴染みのあるレゴブロックを使って行う検証です。

レゴブロックは皆さん知っていますよね?

まずは、この動画をご覧ください。

1分30秒ほどの動画です。

何を作っているかわかりますか???(タイトルに書いてありますが、、、笑)

そうです。レゴでスカイツリーを制作しています。

十分すぎるこの高さ。再現率もすごいですが、、、、約200分の1サイズです。

さて、今回のテーマは、「実物大のスカイツリーを再現すると、レゴブロックがいくつ必要になるのか。。。」です!

概要

実物大のスカイツリーを再現すると、レゴブロックがいくつ必要になるのか。。。

東京スカイツリー

実物大のスカイツリーチャレンジするには。。。

実際の実現性

実物大のスカイツリーを再現すると、レゴブロックがいくつ必要になるのか。。。

さて、今回のテーマは「実物大のスカイツリーを再現すると、レゴブロックがいくつ必要になるのか。。。」です。

先程見ていただいた動画、レゴブロックで東京スカイツリーを再現しようと試みる方たちの動画です。

東京スカイツリーをレゴブロックで再現しようという試みは、既に行われていますが、、、

さすがに、実物のものにチャレンジする方はいないらしいです。。。(笑)

まぁそうですよね。。。

ちなみに先程、再現された大きさの東京スカイツリーは約200分の1のサイズです。

しかし、さすが東京スカイツリーですね。なんと、約200分の1のサイズでも、3mほどの大きさの東京スカイツリーとなっています。

その時使った、レゴブロックの総数は、、、、、、

なんと、、、、

約7万ピース。

多すぎ。。。(笑)

東京スカイツリー

日本人なら多くの方が知っている、東京スカイツリー。

東京スカイツリーは、2012年に開業した自立式電波塔です。

「ムサシ」と呼ぶように、634mの高さを誇る建造物で、世界各国からの観光客も多いですよね。

実際の、スカイツリーは、土台の部分は、安定性を保つために三角形になっているが、高くなるに連れて円形になっています。

なんか専門家の間では、この構造が面白いだとかで話題になっているらしいですが、、、

つまり、東京スカイツリーの足元は、一辺が約70mの正三角形となっているのです。

複雑な形を厳密に計算する力が僕にはないので、今回は、東京スカイツリーを1辺が70mの大きな三角錐として定義してみると、、、

なんと、、、、体積は。。。。

44万8392立方mとなります。 

でかっ!!!想像できない(笑)

実物大のスカイツリーチャレンジするには。。。

レゴで再現された高さ3mのスカイツリーは、実物の211分の1の大きさで再現されています。

、、、となると、単純に計算すると、

3mスカイツリーの足元は、1辺が約33cmの正三角形ですね。

すると、体積は0.04767立方mということになります。

一回まとめましょう。

再現された東京スカイツリー

足元:一辺約33cmの正三角形 高さ:3m 体積0.04767立方m

再現すべき東京スカイツリー

足元:一辺約70mの正三角形 高さ:634m 体積44万8392立方m

どうでしょうか。。。再現すべきもののスケールのデカさに気づいてきましたか?(笑)

ということで、実物大の東京スカイツリーを作るには、高さ3mのスカイツリーを約940万6000倍作るだけのレゴブロックが必要になるということです。

そのときの使用するレゴブロックの総数はなんと、、、

、、、、、、

、、、

約6584億3171万8000ピース。

もうよくわからないような数字ですね、全くイメージできないです。

ちなみに、レゴブロックの基本セットの青いバケツに換算してみましょう。

(ちなみに、青いバケツには、471ピースのレゴブロックが入っています。)

なんと。。。その数、、、、

、、、

約13億9794万4200セット。

中国の全人民に一人一つずつプレゼントできるほどの数です。。。(笑)

やばいです、多すぎですよね。。。

実際の実現性

さぁ、さて、、、実際にコレを実現しようとしましょう。

634mものレゴの建造物が街中にあるだけで相当な邪魔な気がしますが。。。(笑)

まず、作る場所ですね。

これは当然ですが屋外にしなければなりません。

そうなると、風も吹きますし、当然雨も降るわけです。雪も降る可能性もあれば、もしかしたら雷も落ちるかもしれません。

レゴブロックでは到底耐えきれません。。。

倒れます。

ある程度の高さになると、どうやって積み上げていくかが問題になるんですね。

現実では、実現不可能そうです。。。。

どうやら本物のスカイツリーを建設する以上の大プロジェクトになるっぽいですね。。。。

では、今回は以上です。

よかったら、前の記事もご覧ください。

新幹線に乗り遅れた場合、自転車でペダルをどれくらい漕げば追いつけるのか。。。

伊藤