野田詠氏牧師:私を代わりに刑務所に入れてください 。非行少年から更生支援者へ

スポンサーリンク


野田詠氏牧師にお時間をいただきインタビューをさせていただきました。

インタビューはHONKI Universityの代表の梅原が務めさせていただいたのですが、

野田牧師の放つオーラが凄すぎて、チグハグな感じになってしまいました。

野田牧師は大阪府東大阪市にあるアドラムキリスト教会牧師。10代で暴走族に入り、窃盗、暴力行為、暴走行為などで4度鑑別所に入る。4度目に少年院に送られ、そこでクリスチャンの兄から差し入れられた聖書を読んで神を信じるようになった。現在は、少年院から退院してきた少年を受け入れ、更生、自立へと導く活動を行っている。 <リンク

インタビューの内容は壮絶でした。



私を代わりに刑務所に入れてください
非行少年から更生支援者へ
 税込 1,080円
私を代わりに刑務所に入れてください 非行少年から更生支援者へ

中学生の時から非行に向かっていく話
どのような非行を繰り返していた
日々感じていたこと
そこから少年院でのキリスト教との出会い
そして、少年院を出てからの仲間との関わり
牧師を目指すために通った学校での話
教会をスタートする話
非行少年を自立に向けて支援する取り組みについて

野田牧師の本を是非読んでみてください。



このインタビューでは、本には書かれていない、梅原視点の質問もいくつも入っています。

例えば、少年院から出てきた若者の支援はご自身での持ち出しばかりだそうです。そして、かなりの裏切りに感じられる行為もたくさんあると感じました。家の一部を燃やされたりとか。 それでも、少年たちを引き受け続けられる理由をお聞きしました。

その他にも、何故ご自身にもご家庭があるにも関わらず、自分の過去をオープンにできるのか。辞めたいと思うことはないのか。

どんなことを今後していこうとされているのかなどです。

シェアする

フォローする