走って支援!第17回彩湖エコマラソンオータム

スポンサーリンク

10月23日(日)に第17回彩湖エコマラソンオータムが開催されました!

「Running In Tokyo」が主催するチャリティーマラソンです。

スポーツの秋にもってこい!の今回のイベントに、私たちはお手伝いとして参加してきました。

概要

・主催「Running In Tokyo」

・第17回彩湖エコマラソン 

・次回予告&おわりに

主催「Running In Tokyo」

「Running In Tokyo」は国内の地方も含めた様々な場所で、チャリティーマラソンを行っている団体です。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

チャリティーマラソンなので、参加費用は様々な支援のために募金としておくられます。

では、一体どんな支援にあてられるのでしょう。

*主な寄付先

☆「Care for Cambodia (CfC)

カンボジアにて教育的・人道的支援を行っている組織。

「Second Harvest Japan(2HJ)」

すべての人に食べ物を与えるべく、様々な活動を行っている。

「RIJ(Refugees International Japan)」

東京を拠点に、難民支援の資金集めを行っている、国際難民支援会です。

その他にも、熊本地震赤十字ジャパンなどに寄付が行われています。

自分が走れば誰かが救われる、と思うと頑張って走ろう!という気持ちになりますね。

第17回彩湖エコマラソン 

今回の彼らのチャリティーマラソンイベントは埼玉県戸田市荒川沿いの彩湖にて開催されました。

今回の参加者は約100名ほど。

距離は10km。制限時間は1時間10分と、初心者でも挑戦しやすい内容でした!

”エコマラソン”というだけあって、ゼッケンもすべて毎回再利用!主催代表の自宅の洗濯機で毎回洗っているそうです。

また、このマラソンのお楽しみは参加賞

今回は、

ランニングシャツ、サンバイザー、バンダナ、キャップから好きなものを選べました。

しかもこれらはすべてカンボジアで作られたもの!バンダナの布もカンボジアの特殊な布だそうです!

ここでもカンボジアと繋がっているわけですね。

11時、一斉にスタートが切られました!

マラソンには少し暑すぎるくらいの良い天気の中で行われました!

(↓まもなくスタート,,,!)

また、当日は陸上自衛隊の「観閲式」と日にちが重なったため、上空には何機も戦闘機が飛行していました。

河川敷には、カメラを構えた人だかりができていました。

普段見られない珍しい光景で、ランナーたちの疲れの癒し、気晴らしになったのではないでしょうか。。。

(↓観閲式のトリ、ブルーインパルス!)

IMG_5342.JPG を表示しています

そして今回の1位の記録は,,,,,,

36分10秒!!!

は、はやい!!

最終ランナーの方も主催スタッフの温かい声援の下、無事に走り切りました!

おめでとうございます。

ランナーの皆さま、お疲れさまでした!!!

次回予告&おわりに

今回はお手伝いとして参加しましたが、一生懸命なランナーたちにこちらがパワーをもらえました!ランナーの皆さま、ありがとうございました!!

また2か月後、再び彩湖にてRunning In Tokyo主催の

「エコマラソンTHE HALF」が開催されます。

→詳細はこちらをご覧ください!

このほかにも、月1以上のペースで大会が行われています。

距離も今回のような10kmからフルまで様々!

今回走った方もまだの人も興味のある方はぜひ参加してみてください。

あなたが走れば誰かを救える!!

シェアする

フォローする