リオよりも熱く!冬の平昌はすぐそこ!スノーボード広野あさみ選手の魅力

スポンサーリンク

こんにちは!

わたしたちHUは9月28日に開催された「NTTdocomoサポーターズキックオフ会」に参加してきました。

5flags_3468

今回のイベントは5flagsを主宰しているドコモの社員さんと5flags登録アスリートの交流会です。

計11名のトップアスリートの方と70~80名ほどのドコモの社員さんがご来場され、大変盛り上がっていました。

今回ご来場された11名のトップアスリートの方の中から今回は、スノーボード フリースタイルスロープタイルの広野あさみ選手のご紹介をします。

スノーボードスロープスタイルって?

広野あさみ選手の魅力

ガールズスノーボードチーム「TOMBOY」

HONKIで応援するからHONKIで楽しい!

スノーボードスロープスタイルって?

皆さんは、スノーボード競技の中のフリースタイルスロープスタイルという競技は知っていますか?

私は正直、5flagsにかかわらせていただくまでは知りませんでした。

スキーもスノーボードも1つの競技ではなく、その中にいろいろな競技があるから、ちょっと何が何だかわからなかったり、自分が知らない競技があるということにすら気づけないことがありますよね。

今回のイベントで、後程ご紹介させていただく広野選手に大会の様子の動画を見せていただいたんですけど、かなり面白いです!

広野選手がやっていらっしゃるスロープスタイルは1つ前のソチオリンピックからオリンピック競技に採用された比較的新しいスポーツです。

コース上のアイテムと呼ばれるレールやジャンプ台を攻略しながら滑り降り、その技の完成度などを採点する総合滑走競技です。

このスロープスタイルの魅力は、前半のレールやボックスというアイテムを攻略するジブセクションと呼ばれるセクションと後半のキッカーなどのジャンプセクション2つの演技を連続して行うので、1つの競技で2つ楽しめるというところだと思います!!

parkp3_1_r0067

↑ジブセクション

b48c21c27d02e8bcc9ac2c5d1c4a4d81121e734d

↑ジャンプセクション

特にジャンプは大迫力で、総合滑走競技なんですけど、最後のジャンプだけでも十分見ごたえのある競技だと思います。

この競技のもう一つの面白いところは、大会によってアイテムが違うので、コースによって違いが出てくるというところです。

例えば、大会当日まで天候不良等で実際のコースで練習できなかった場合は、当日ぶっつけ本番で大会に臨むこともあるそうです。

ぶっつけ本番って結構怖いですよね。。笑

また、前回のソチオリンピックでは、あまりにコースが危険すぎて練習の段階からけが人が出たりしていて、過去にスノーボード競技で2回金メダルを獲得しているスター選手ショーン・ホワイト選手など欠場する選手もいたそうです。

そんな危険なコースもあるスロープスタイルって最初から全部滑りきることができるの?どうやって練習しているの?って少し気になりませんか?

広野選手が快く教えてくださったので、次の章で紹介させていただきますね!

コースによって有利になったり、はたまた危険すぎるコースがあったりその大会によって違いが出るのも見ている方としてはとても面白いですよね(^^)

広野あさみ選手の魅力

86004606e7a2abf0b64c0d7c9c55e81a

トップアスリートっていうと、小学生や小さい頃から競技に触れて、小さいころからたくさんの大会で優勝してプロになるっていうイメージがすごく強いと思います。

しかし、今回ご紹介させていただく広野選手は全くそのイメージとはかけ離れている競技人生を送っていられます。

広野選手の競技人生

img01

なんと!本格的にスノーボードを始めたのは、高校卒業後に進学したウィンタースポーツの専門学校に入学してからだそうです

まず、ウィンタースポーツの専門学校があること自体にも驚きですが、広野選手は現在25差なので、本格的に競技を始めてまだ10年たっていないっていうのに驚きです。

もともとお兄さんがスノーボードをやっていて、その影響で高校時代に遊び程度ではやったりしていたそうですが、専門学校入学当時はスノーボードに関する知識もなく、ほぼ初心者のような感じだったそうです。

その後2年生でプロ資格を取得して、学生大会では3種目(ハーフパイプ・スロープ・クロス)で優勝も獲得しています。

競技始めてたった2年でプロ資格取得って相当すごいですよね!!

その後、22歳からはオリンピックに通ずるFIS(国際スキー連盟)等の国際大会に転戦して成績を重ねて2014年から日本代表に選出されて現在は2018年の平昌オリンピックを目指して活動をされています。

実際に広野選手とお会いしてみて

パッと見、大変失礼ながら、気が強くてちょっと怖いお姉さんなのかなと(すみません・・)思っていましたが、実際にお話ししてみるとすごく物腰が柔らかくて、とても優しい方でした。

そして、かわいいです!

(グーグルで「広野あさみ」で検索すると予測で「広野あさみ かわいい」って出てきます)

参加者の皆さんに向けて一生懸命お話している姿がすごく印象的でした。

5flags_4875

やはり、世界で活躍されているトップアスリートであるので、競技に対する熱意や芯の強さはすごく伝わってきたし、やっぱりかっこいいです!!

ですが、良い意味でアスリートと一般人という壁を感じさせない優しさが本当に印象に残っています!

参加者からの色々な質問にも気さくに真摯に答えられていました!

前の章でちらっと言っていた「最初からコースを全部滑れるようになるの?」という質問にもばっちり答えてくれていましたよ!

最初から一気に滑るのではなくて、徐々に距離を伸ばしていったりして、やっていくうちにどんどんできるようになっていくそうです。

最初は怖かったりするらしいですが、実際にレースが終わってみると、意外といけた、とかもうちょっと攻めれたな、とか結構思うそうですよ!

結構ウィンタースポーツってどうやって練習してるんだろうって思うことってあると思うんですが、なかなか聞ける機会ってないですよね。

そういう素朴な疑問にもたくさん答えてくれるとても優しい選手でした。

写真撮影にも快く対応してくださりました!

s__18079746

広野選手の現在

5flags_5226

広野選手は現在2018年の平昌オリンピック出場に向けて活動している最中です。

オリンピックは、前の年のワードカップがものすごく大切で、今年の冬の成績がものすごく重要になっていくそうです。

以前は、ナショナルチームに所属していて、チームから遠征の時など補助が出ていたそうですが、現在はチームがなくなってしまい、現在は個人で活動されているそうです。

アジアからアメリカ、オーストラリア、ヨーロッパまで世界中転戦しているそうですが、遠征費などもすべて自己負担で、生活もかなり切り詰めなければならない状況だそうです。

また、遠征に帯同してくれるコーチもつけられず、活動資金やコーチの面で競技に不安を抱えているそうです。

お話をお聞きしていて、すごく実力もあって努力もしているのに、競技がマイナーなだけでしてくてもいい苦労や心配をしなければならないなんて、本当にもったいないなと思いました。

広野選手のクラウドファンディングの募集期間は、2016年10月1日0:00あと1日しかないです!!

ぜひご興味を持たれた方はご支援よろしくお願いします!

広野選手5flags応援ページ

ガールズスノーボードチーム「TOMBOY」

広野選手は日本代表チームのほかにガールズスノーボードチーム「TOMBOYに所属しています。

8名からなる女子スノーボーダーのチームです!!

「TOMBOY」とは、おてんばな遊びを騒ぎながらしたり、伝統的に男の子が楽しむことと考えられていることを楽しむ女の子のことを指します。

スノーボードもどちらかというと男性が楽しんでいるイメージが強いですもんね!!

「TOMBOY」は女子の力でこれからのスノーボード界を盛り上げていってくれること間違いなしですよ!!

様々なイベントを開催したり、なんとDVDも発売されています!!

559822_239562962865887_1939296986_n

めっちゃお洒落じゃないですか!

絶賛アマゾンで販売中です!

TOMBOY 1st Movie 「SEIZE THE DAY」

それにしても、広野選手はじめ「TOMBOY」の皆さんとてもかわいいです!

そういえば、スノーボード選手には美男美女が多いような・・・♡

これからの「TOMBOY」の活動も要チェックですね!!

HONKIで応援するからHONKIで楽しい!

14441111_534430433433529_1718364663439564655_n

オリンピックって冬よりも夏の方が注目されがちだし、その中でもマイナーな競技って本当になかなか注目される機会が少ないじゃないですか。

私はあまりスポーツに詳しくないので、夏も冬もメジャーな競技のことしか分からなかったり、有名な選手しか知らなかったりで、そんなにスポーツに思い入れを持って応援することはありませんでした。

しかし、5flagsを通して広野選手をはじめとしたマイナーな競技をされているトップアスリートの方々に直接お会いして、とても素敵な方ばかりだったので、まず選手のファンになりました!

そして、こうやってブログを書いたり、色々調べていく中で、競技について知っていって競技の面白さを知ることができました!

マイナーな競技よりもメジャーな競技の方が良いと思われがちだけど、応援する方としては選手との距離が近かったり、これから注目されていくかもしれないスポーツを先取りできたり、実は楽しいことだらけなんじゃないかなって思いました。

メジャーな競技を熱狂的に応援するのも楽しいかもしれませんが、大勢の中の1ファンとしてしか応援できませんよね。

その分マイナーな競技だったら、今回の5flagsのイベントのような交流イベントで直接選手と交流できる機会もあるかもしれないし、直接クラウドファンディングで自分も支援しているんだっていう実感も沸いて、応援している方もすごく楽しいと思います!

絶対に大勢の中の1ファンでいるよりも、個人的につながっている人を応援する方が思い入れが違うし絶対にHONKIになりますよね!

自分がHONKIで応援していた選手がオリンピックに出場して、メダルを獲得したら楽しいのは間違いないじゃないですか。

メジャーな競技をその時だけ中途半端に応援するよりも、オリンピック出場前から選手と近い距離で応援できた方がいろいろな過程もわかって感じることが全然違うと思います。

その時だけ全力で応援するのがHONKIの応援ではなくて、日の目を浴びない大変な時から継続していくのがHONKIの応援だと思うし、その応援をしたからこそ応援する側もHONKIで楽しくなるんだと思います!

平昌まで1年半、広野選手をはじめ必死に頑張っている選手がたくさんいます!!

今からみんなでHONKIの応援をして、平昌をHONKIで楽しめたら最高ですね!

岩間

シェアする

フォローする