【しくじっちゃった社長さんが先生!】第5回しくじり社長会に参加してきました。

スポンサーリンク

こんにちは!岩間です。

先日、なかなか聞くことができない敏腕社長さんたちのしくじり話を聞くことができる「しくじり社長会」に参加してきました。

第5回目の今回は、インターネットを活用した輸入物販、商品製作販売、情報発信を学んで実践できるスクールの運営、スポーツウエアの製作販売など、幅広くご活躍されており、先日発売された本がAmazon3部門で1位を獲得されるなど、一見しくじりとは縁のなさそうな大上達生さんのご講演でした。

概要

しくじり社長会とは?

今回のしくじり社長~大上達生さん~

次回登壇予定のしくじり社長さんは?

まとめ

しくじり社長会とは?

起業するにしても、何をするにしても、できるだけ失敗はしたくない、リスクは避けたい、と思うのが人間ですよね。

でも、勉強しようと思って参加したセミナーは社長さんの成功話ばかりでいまいち現実味がないなあ、なんて感じた事はありませんか?

「失敗は成功のもと」

というように、今現在成功してしくじりとは縁のなさそうな社長さんでもきっと何かしらの失敗体験を経て、現在の成功をつかんでいるはずなんです。

だったら、社長さんの成功体験をただ聞くよりも失敗を経てどのように今の成功をつかんだのかのプロセスを聞いた方が、学びは多いはずですよね。

起業を目指している人、会社の経営で悩んでいる人、人生の選択で悩んでいる人、できるだけ大きい失敗をしないように悩んでいるのではないでしょうか。

だったら、もうすでにしくじっちゃった先輩方のお話を聞いて、学び、自分の人生にも活かしていこう!というコンセプトのもと開催されているのがしくじり社長会です。

つまり、「失敗は成功のもと」ということわざを、しくじり社長さんの実体験から学びましょう!ということです。

一流の社長さんたちが失敗して学んだことを、自分は失敗体験をせずとも知ることができるのはかなり貴重だし、贅沢ですよね。

全部で10回開催予定のしくじり社長会ですが、今回で5回目の開催となりました。

毎回全く違う業種のバラエティ豊かな社長さんが登壇され、参加者は毎回違った学びを持ち帰ることができます。

折り返し地点の今回は、HUも普段からお世話になっている大上達生さんが、起業してからではなく、学生時代からのしくじりを講演してくださいました。

今回のしくじり社長~大上達生さん~

今回登壇されたしくじり社長、大上達生さんは10月にHUが主催で行った「HONKI祭」でウェストポーチをくじなどの賞品として提供してくださったり、いつも暖かくHUの活動を見守ってくださるとても素敵な社長さんです。

大上さんの現在のお仕事

インターネット輸入ビジネス等を学ぶことができるインポートエース塾塾長として、スクールを運営されている傍ら、HONKI祭の賞品としても提供してくださった「Cheevence」というスポーツウェアブランドを立ち上げられ、ランニングやウォーキングに便利なウェストポーチを販売されている、多方面でご活躍されている一流の社長さんです。

インポートエース塾

import-ace_1200-600

ti

ti

そして、なんと!

先日出版された著書「サラリーマン、株・FX・アフィリエイト・情報商材、全部ダメでも年収1000万円」がAmazon3部門でぶっちぎりの1位という快挙を達成されています。

まだ読んでいない方、要チェックです!

サラリーマン、株・FX・アフィリエイト・情報商材、全部ダメでも年収1000万円」

51oxuasgdrl__sx335_bo1204203200_

学生時代にもっと就職と向き合っていれば…

そんな多方面でご活躍されていて、しくじりとは程遠い人生を歩まれていそうな大上さんですが、今回の講演では①学生時代②会社員時代③起業してからのしくじり体験をとても分かりやすくお話してくださいました。

初めて起業してからのしくじりではなく、学生時代からのしくじり体験もお話してくださったので、学生の自分でもとても身近にお話をお聞きすることができました。

学生時代に映画関係のサークルで活動されていた大上さんは、大学卒業後に日本で就職するのではなく、フランスのパリで映画関係の学校に通ったそうです。

ぱっと聞いたら素敵!と思っちゃうような大学卒業後の進路ですが、大上さんの学生時代のしくじりポイントはここです。

パリで自分で映画を作って食べていくのか、会社に入るのか、覚悟もないのにフランスに飛び立ってしまった大上さんは結局お父様のご病気も重なって3年後に日本に戻ってきて小さな映画会社に就職されたそうです。

この時の年齢は26歳。

普通に大卒で就職していたら22歳で経験できたことが26歳で初めての経験になるというのは、リスクも大きいということです。

大学生ならだれでも絶対考える、就職について。

大半の学生はみんなと一緒に就活して、その中から就職先を選んで就職します。

少数派ではあるけども、起業する人も、留学する人も、大学院に行く人もいます。

まあ、一般的に就活する人よりも起業とか一般的ではないと思われる道に行くときは「覚悟を持ちなさい」とか「責任持ちなさい」とかいわれることが多いと思うんですけど、就活してる学生に「覚悟」とか「責任」とかってほとんど言うことがないと思います。

でも、どんな進路を選択するにしても「覚悟」とか「責任」ってすごく重要なんじゃないかなと大上さんのお話をお聞きしていて感じました。

大上さんはたまたまフランスで映画関係の学校に通うという一般的ではない選択をしていたから、わかりやすいしくじりポイントだったのかもしれないけど、就活前の学生生活で就職についてしっかり向き合っている人はごく一部だと思うし(自分も含めて)、覚悟や責任を持って新卒で就職した人って少ないんじゃないかなと。

そして、特に今の大学4年のこの時期は多くの人が就職が決まり、人生最後の夏休みと言われる学生生活を謳歌しようと遊びに走りますね。

実際、起業するのと同じくらいの覚悟が就職にも必要だと思ったし、どの道を選択するにしてもしっかり向き合うことと、覚悟と責任を持って飛び込むことがいかに重要であるか、大学4年のもうすぐ就職を控えた今、再確認することができました。

↓大上さんの会社員から起業するまでのプロセスが載っているので、チェックしてみてください。

大上さんプロフィール詳細

次回登壇予定のしくじり社長さんは?

次回で第6回目を迎えるしくじり社長会。

次の登壇予定のしくじり社長さんは・・・

あの東京ディズニーランド、オリエンタルランドが運営するイクスピアリにも店舗を構える「サロンアンピール」の鈴木雅晴さんが登壇予定です。

サロンアンピール

次回も楽しみですね。

まとめ

数少ない学生参加者にも身近に感じられるよう学生時代のしくじりからお話してくださったことからもわかるように、大上さんは本当に周囲の人へのやさしさがあふれる方です。

たくさんのしくじりを経験を経て、お金や世間からの目よりも、健康な体と好きな仕事と仲間がいれば自分はHAPPYだと気づかれた大上さんだからこそのやさしさなのかな、と一学生ながらに思ってしまいました。

そして、そのやさしさにあふれたなお人柄がたくさんの素敵な人をどんどん引き寄せてくるのかなと。

今回も学びのとても多いしくじり社長会でした。

sikujiri

岩間

シェアする

フォローする

コメント

  1. 大上達生 より:

    岩間さん、先日もありがとうございます&大変素敵なご紹介をありがとうございます(^^)いつも感謝しかないです!