第一回しくじり社長会に参加してきました!

スポンサーリンク

概要

  • しくじり社長会とは何か!??

  • 言葉の力の重要性を感じました。「ありがとう」を10回言ってもらえますか!?

  • HONKI Universityから起業をしたメンバーが出ました!

  • 次回は7月14日開催

 
 

しくじり社長会とは

どんなに成功を収めている人にも失敗はあります。

いやむしろ、「失敗は成功のもと」とよく言うように、

成功している人こそ失敗を前向きに生かしているのではないか!?
 
「これまでにどんな失敗をしてきたのか?」
「良い失敗と悪い失敗とは何か?」
「失敗の仕方とその活かし方とは?」

など、成功者からあえて失敗経験を学ぶことで、

失敗の疑似体験をしてもらおうというセミナーです。
 
第1部:講演会
第2部:懇親会
という流れで行われ、これから起業する人、今経営者として奮闘している人、進路について悩む学生など様々な世代の人が参加しました。
 
 

今回は運営のお手伝いをさせていただきつつ、素敵な社長さん、経営者の皆様と交流をさせていただき、学生たちも大きな学びのある会でした。

全10回のしくじり社長会


第1回は手塚総合研究所代表の手塚泰行さんの公演でした。
ここで手塚さんの経歴を簡単にご紹介します。

・高校卒業後、旅行代理店に就職。
・21歳の時に大手保険会社に転職。
・22歳の時に外交員新人王として日本一を獲得。
・24歳の時に外交員組織リーダーとして日本一を獲得。
・40歳の時に年商120億の人材派遣の会社に役員として加入。
・47歳の時にグループ企業の代表取締役に任命。
・50歳の時に新たな刺激を求め手塚総合研究所を設立。

しかし、この経歴の背後には様々なしくじり経験があるのです。

「幸せと成功の違い!??」


まず、「幸せ」と「成功」は違う。

人生において大成功すること=幸せとは限りません。

大成功の反面、何かを失ったり、何かが足りなかったり、、、

心が満たされていない時は幸せとは言えないのではないでしょうか。

その逆で、他から見たら失敗に見えても、その人にとっては幸せもしれません。


幸せ感じ方は人それぞれです。

しくじり体験、成功体験以前に、まず「幸せ」と「成功」を分けて考えて、

何が自分にとって1番幸せなのか?を考えながら人生を選択していくことが大切だといいます。


数々のしくじりを経験して、現在成功されている手塚さんが日々意識していることが2つあるそうです。

それは

・1日10回はありがとうと言う事こと。

・忙しいと言わない事。

 

 


1日10回以上「ありがとう」と言えていますか?
「ありがとう」と10回言われるのは難しいですが、言う事は意識すればできます。
過去のしくじり体験から、手塚さんは言葉について語ってくださりました。

言葉は人を殺すことができる。

言葉は一生傷として残ります。
言葉を発してしまった方も、言われた方も。


そしてどんなに頑張っても消すことはできません。


また、地球は丸いので自分が発した言葉はぐるっと回って二倍になって背中から帰ってきます。

それくらい言葉には力があります。
「言葉」を大切に、また自分の発する言葉に責任を持つことが幸せを呼び寄せる秘訣なんですね。

忙しい

心を亡くすと書いて忙しいです。

忙しい忙しいというと周りをシャットアウトすることになり、

チャンスを自分から遠ざけていることになります。

また、手塚さんは「幸せ」と「成功」は違うとおっしゃっていました。
こういった小さな習慣を積み重ねることで幸せを引きつけてそれが成功に、つながるのかもしれません。

貴重なお話ありがとうございました!



HONKIメンバー松田がなんと起業!!!



そして、この度我らHONKI Universityのメンバーだった松田華苗さんが起業することになりました!


そこで、このしくじり社長会の場で本気のプレゼンをしました!

経営の大先輩方の前でも本気が伝わる堂々とした素晴らしいプレゼンでした。

私もとても感動しました。
これから応援よろしくお願いします!

第2部は懇親会でした。

様々な職種でそれぞれの経歴を持つ方々と名刺を交換したり、

お話したりできるのは本当に財産になります!

このような貴重な機会を企画して下さった方や、来てくださった方本当にありがとうございました!

第二回は7月14日

stories株式会社(ストーリーズ)  代表取締役
株式会社FLASH-POINT(フラッシュポイント) オーナー
竹口 晋平 さんです!



次回のしくじり社長会は7/14日に開催されます!


お楽しみにー!

                                                                小堺





シェアする

フォローする