利尻島で観光するなら必読な基礎知識 〜Part2 ヤムナイ沢へ行こう〜

スポンサーリンク

みなさんこんにちは!

前回から利尻のオススメスポットを紹介させてもらっています!

第2回目の今回もお楽しみに~!

概要

・今回紹介するオススメスポット

・アクセス

・オススメの楽しみ方

・楽しむために必要なもの

・まとめ

必見!オススメスポット!

今回紹介するのは「ヤムナイ沢」です!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

所在地 〒097-0211 北海道利尻郡利尻富士町鬼脇
 

ヤムナイ沢とは前回少し触れた利尻富士の一部で隠れた名所とも言われています。

つまり、山に登ることになります。

しかし登山といっても、途中まで車で行けますし、

そこから往復1時間程度なので歩きやすい靴と動きやすい靴であれば気軽に登ることができます。
登った感想としては、舗装された登山道と違い大きな岩がゴロゴロしているので少し歩きにくい印象ではありましたが、ゆっくり登れば大丈夫です。

斜面もそんなに急ではないので、逆に途中で岩に座って休憩することもできます。

なにより徐々に近づいてくる雪にテンションが上がってました(笑)

きれいな川も流れていますし、空気もきれいで最高でした!

D7K_5327 (848x1280)

ヤム・ナイとはアイヌ語で「冷たい・川」を意味するらしく、

森林が限界を超えたこの場所には「万年雪」と呼ばれるように一年中雪が残っています。

夏はとっても涼しくておススメです!

また、花などの植物観察も楽しむことができます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

5172577835_96891691e1

イワギキョウ

ある程度登ると利尻富士の頂上も見えます!

いつもとは違った角度からみる山頂も素敵ですね!

a

n

ヤムナイ沢について詳しくはこちら↓ ツアーも行っています

利尻を旅する。ホームページ

ヤムナイ沢へのアクセス

ヤムナイ沢に登るには利尻島の中でも南東にある鬼脇地区に行く必要があります。

鴛泊から車で20~30分くらいです。

409
こちらのブログに詳しく書いてあります↓

http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-1877.html

オススメの楽しみ方

ヤムナイ沢といえば万年雪で有名です。

そこで夏ぴったりの楽しみ方を紹介しちゃいます!

ズバリ!


雪で作った天然カキ氷を食べちゃおう!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

雪の表面は少し汚れていますが、スコップなどで掘ればきれいな雪がでてきます!

ヤムナイ沢には、キツネや熊がいないので水がきれいなんだそうです。

雪でカキ氷なんてやってみたくなるけどなかなかできないですよね!

とっても贅沢な経験でした!

楽しむために必要なもの

今回は夏に訪れる際に必要なものについてまとめてみました。


・日差し対策できるもの帽子、サングラスなど(雪の照り返しが結構まぶしい)

靴底がしっかりした歩きやすい靴(岩場なのでごつごつしてます)

・はおれるもの(上のほうは冷えます)

・飲み物

・スコップ

・かき氷シロップ、スプーン

・ゴミ袋(ゴミの始末はしっかりしましょう)

まとめ

ヤムナイ沢は地元の人でもいったことがない人もいるくらい穴場とも言われています。

そのためか、詳しいアクセス方法がネットなどには載ってないため、

最初はツアーでいくのが無難かなと思います。

夏でも雪がみられる珍しいスポットです!

行った際は夏の雪で思う存分楽しんでみてください!


小堺


< HONKIなスポンサー様>

行政書士法人goal様 

合同会社ジョブライブ様

伊倉板金塗装工業様

ムゲン・サービス株式会社様

税理士法人 かなり&パートナーズ様

< 個人スポンサー>

永尾 三奈様

HONKIな新規スポンサー・サプライヤー様大募集!

シェアする

フォローする