素人目線で理解するインターネット広告〜第7回:キーワード選びの基本〜

スポンサーリンク

こんにちは!

いよいよアドワーズもキーワード選びまでやってきました!

このキーワード選びで約8割が決まります!

重要だとは分かっていても、どんなキーワードを設定すればいいのかわからない人もいると思います。キーワード探しはすぐに思いついて効果が出るとは限りませんが、

ユーザーの気持ち、行動を想像することが一番のポイントです!

人はどんな風に検索をし、買い物をしているのでしょうか。その基礎から見ていきましょう!

  keyword

概要

効果のあるキーワードとは?

心理段階で検索キーワードは変わる

売れるキーワード「取引型」

キーワードの集め方

まとめ&次回予告

効果のあるキーワードとは?

アドワーズで売上を上げる最大のポイントは「キーワード」です。

なぜなら、ユーザーが検索するキーワードに応じて広告が表示されるからです。

では、考えなければならないのは

ターゲットがどんなキーワードで検索しているか、ということ。

ターゲットが検索しないキーワードは勿論、検索されていても効果のないキーワードもあるので、その見極めが重要になってきます。

ここでは、効果のあるキーワードのことを「売れるキーワード」と言い換えます。

「売れるキーワード」とは

  • ユーザーの悩みや欲求があなたのビジネスと一致している
  • 今すぐにでも行動を起こしたいと積極的に探している

検索キーワードのことを言います。

心理段階で検索キーワードは変わる

hlmmwx2l

ターゲットがどんなキーワードで検索しているかを知ることが重要だと言いましたが、そこにはユーザーの心理が反映されています。

どのように人の心理が働いているのか見ていきましょう!

<心理の変化>

例)Aさんは、友達が持っている一眼レフカメラを見て興味を持ちました。

1.疑問

「一眼レフとは」で検索

心理: デジタルカメラと一眼はどう違うんだろう?

2.欲求の具体化

「初心者 一眼レフ」で検索

心理: 自分にはどのカメラが向いているのかな??

3.欲求を満たす

「cannon EOS KISS 価格」で検索

心理: 色々調べた結果、気に入ったメーカーのカメラの価格が知りたい!

(購買行動段階)

Aさんが最初に興味を持ちはじめてから、買うまで

キーワードはずっと同じではなく変わっていきましたね。

「一眼レフとは」→「初心者 一眼レフ」→「cannon EOS KISS 価格」

そのキーワードは、曖昧なものから具体的なキーワードへと変化していきました。

具体化されるので、自然とキーワードの語尾に具体的なフレーズ、言葉が追加されていますね。

どんどん購買欲求が上がっていった証拠です。

そのため、最初と比べると高いCVRが生まれます。

まとめると、

ユーザーが「あと一歩で購買に至るキーワード」で検索された際に広告を表示できれば高いコンバージョンが見込めます。

売れるキーワード「取引型」

検索キーワードは大きく3つの種類に分けることが出来ます。

  • 案内型キーワード(Goクエリ)

corp_649

例)「amazon」「Appleストア」「softbank カスタマーセンター」

ユーザーが特定のページを見つける時に使うキーワード。

ユーザーはすでに目的がありはっきりとしたゴールが存在していますね。

  • 情報型キーワード(Knowクエリ

okng_main

例)「腰痛 寝方」「結婚式 マナー」「挨拶文 例文」

方法やノウハウを知るために使うキーワード

ユーザーは疑問・悩みを解決したいと思って、情報を求めています

ちなみに、「クエリ」とは、質問や問い合わせという意味だそうです。

知らなかったのでネットで調べましたが、その時私が使ったのは「クエリとは」という「Knowクエリ」ですね!

  • 取引型キーワード(Doクエリ)

例)「レストラン 予約」「弁護士 相談」「Mac 修理」「蕎麦 通販」

ユーザーが何か行動を起こすために使われるキーワード。

よって、3種類の中で一番売れるキーワード、つまりCVRが高いのは「取引型」になります。

集客、売上アップのためにはこの「取引型キーワード」を見つけられるかがポイントになります!

検索キーワードの集め方

・検索キーワードツールを使って調べる

→1Google Adwordsキーワードプランナーを使う

・予想する

・実際のお客様から聞く

・テレビや雑誌などの媒体で調べる

・SNSで話題の検索キーワードを調べる

・アクセス解析で調べる

Googleアナリティクスを使う

まとめ&次回予告

重要なキーワード選びだけに、実際にどのキーワードが効果的なのか、どうやって探せばいいのかは意外と知られていません。

やはり、基本はユーザーの心理です。様々なツールや想像力を使い、最新の傾向や話題にも敏感である必要がありそうですね。

hitomishiri1

「取引型キーワードが効果的」といったポイントなどは知っておくに越したことはありません。

次回は、今回学んだ検索キーワードの基本をもとに、キーワードのグルーピングの仕方を一緒に勉強していきたいと思います!

木村

シェアする

フォローする